少しずつ寝苦しくなってくるこれからの季節、除湿や冷房のエアコン代ってバカにならないですよね?カラダにもあまり良くないですし。

GWあたりから、低価格で便利な扇風機を活用してワンシーズン乗り切ろうとお考えの方が増えているようですよ。
“うちわ風”の愛称で多くの支持を得ているHEF120Mは、とても人気のある便利な扇風機です。

 

今回は日立HEF120M扇風機“うちわ風”の最安値価格情報から、口コミでの評判、HEF120Mの機能・特徴、各種便利設定やお手入れポイントまでいろいろとチェックしてみました。

 

扇風機をコスパメインで検討されるのなら、どうぞご参考にしてみてくださいね。

 

 

hef120mの価格最安値は、どこをチェックするとお得なんですか?

お年寄りやお子さんのお昼寝、急な部屋干しのときなどにも重宝すると人気の日立HEF120M扇風機“うちわ風”。

風がやさしいだけでなく、音も静かで首振り機能も融通が利いてこの価格ですから、HEF120Mが梅雨にかけて人気になるのもうなずけます。

 

そこでやはりみなさん気になるのが価格ですよね?

 

扇風機はエアコンのサブ的なポジションと考えられる方が多く、できるだけ“コスパの良いもの”をお探しのようです。

市中の電気屋さんよりはネットの通販ショップの方が安いので、ネットのショッピングモール内でHEF120Mの価格が最安値のところを探してみました。

 

結果的には、“実質的にどうか?”で価格の比較検討をするべきですね。

というのも、Amazonでは6,950円(税込み・送料無料)になっているので確かに最安値価格なんです。

 

しかし、注目なのはこれより「30円高い」6,980円(税込み・送料無料)で出店している2店舗です。

ひとつはヤフーショッピングに出店しているエディオンYahoo!店と、もうひとつは楽天市場に出店しているエディオン楽天市場店です。

両方とも一定条件クリアでマックス【数百ポイント】が付加されることになります。

 

もちろんポイントは、ネット使用だけでなく、街中でも使えるお店が多いので便利ですよ。

 

HEF120Mの詳しい内容はコチラです。
      ▼↓▼

 

 

機能や特徴はどうなの?

HEF-120MはHEF-120Rと機能的には同じで、単純にリモコン無しのタイプという違いだけです。

口コミ感想でも、とくに「リモコン無しでも困らない」という方がいらっしゃるように、若干(1,000円)お安いHEF-120Mの方が選ばれやすいのでしょうね。

 

HEF-120Mの特徴と言えばやはり、風量のレベル切り替えが4つもあるというところです。

 

一般的な扇風機なら「強」「中」「弱」の3種類でしょうが、HEF-120Mは【微】(⇒うちわ風)にこだわったところが目立つポイントなんです。

実際に購入された方の評判でも、この“うちわ風”が「思ったより心地いい」と評価されているんですよ。

それを目当てにさらに手に入れた方が、その心地よさを実感されて・・という好循環が生まれてるようです。

 

もうひとつの特徴は減灯と消音のダブルシステムです。

起きてるときはLEDインジケータ点灯の表示もクッキリしてていいんですが、お休みの時は睡眠の邪魔にならない程度の「ほの暗さ」がちょうどいい塩梅になっています。

そしてもちろん、扇風機本体の動作音も消してしまえるので、お年寄りや小さなお子さんのお昼寝にもピッタリですよ。

 

かんたんなお手入れ方法と保管のポイントって?

涼しい季節になってきたらHEF-120Mもしっかりとお手入れして保管しておけば、毎年快適にキレイな状態で使っていけますものね。

 

はじめに、少しお手入れの注意点をお話したいと思います。

まずはご家庭にある一般的な中性洗剤でOKなので、ワンシーズンの汚れを取った後はキレイに洗剤をぬぐい落としてください。
食器にも使える台所用の洗剤でも、意外とプラスチックなどにはダメージを与えてしまうものです。

 

それから、特にHEF-120M本体のプラスチック部分に使用を控えるべき化学アイテムがいくつかあります。

例えば、灯油やガソリン、ベンジンやワックス、シンナー、アルコール、磨き粉、そしてアルカリ性の洗剤も厳禁です。
これらは本体表面の溶解ダメージの可能性があります。
くれぐれもご利用は控えてくださいね。

 

次に、保管のちょっとしたポイントをご紹介しますね。

HEF-120Mを購入した時と同じ状態まで分解してください。
とくにモーターの芯の部位は汚れが残っていますので、しっかりぬぐってから、機械油(ミシン油で可)を軽く引いておくといいですよ。

出来る限りジメジメしていないところで、ホコリ防止のためビニールなどに包んで保管してください。

 

“もしかして壊れちゃった?”ってときのために。

ここではHEF-120Mの【あるある】トラブル状態のときに、チェックすべきポイントや対処法を少しご紹介しますね。

 

まずはまったく故障ではないのですが、首振り運転が若干規則性に欠ける場合です。
これは右や左に首を回すときに、ほんの瞬間停止することがあるんですね。
これはよくある現象ですので、壊れているわけではありません。

 

まったく羽根が回らないことも【あるある】なんですが、意外とコンセントが根元まで入ってなかったり、チャイルドロックがオンになっていたりすることが原因です。
それでも回転しない場合は、お家のブレーカーをチェックしてみることをお勧めします。

 

さらに、このケースもよく【あるある】なんですが、オートストップしてしまう場合です。
これは「切」や「入」のタイマーをセットしていたり、おやすみ運転をセットしている場合に起こる現象です。

もしおやすみ運転でも「切」のタイマーセットをしないパターンなら、およそ2時間、または約10時間で動作ストップします。

 

 

こうしてみると、そうそう簡単に「壊れちゃった?」ってことはないようですね。

 

口コミで「痒い所に手が届く」感想が多いらしいけど?

購入者の口コミ感想では9割以上が良い評判になっている日立HEF120M扇風機。

圧倒的な長所があるわけでもないのに、ほとんど低評価がないのはどういうことでしょうか?

どうやらこまごまとした良いところが複数あるようで、痒い所に手が届く商品のようですよ。

 

 

■気持ちも涼やか

「うちわ風」って響きに興味を持って買っちゃいました。
実際、ビュービュー来るような扇風機のタイプと違って気持ちまで心地いい涼やかさになりました。
とくに首振りの音も静かなので6千円台でいい買い物ができて助かってます。

 

 

■作りがちゃんとしてる。

量販店やホームセンターに置いてる安価なタイプと全然違う。
箱を開けてかんたんな組み立てをしながら、しっかりした作りだと思った。
うるさくないし、スタンドのインジケータLEDがカッコイイし見やすい。
最弱の風がなかなか心地いいとこも気に入ってる。

 

 

■小さな音になって満足

安い扇風機の頑張ってます~って音がイヤだったので、今度HEF120Mを購入しました。
ぜんぜん動作音が気にならないので満足です。
1,000円増しでリモコン付きのHEF120Rもあるけど、無くても全く問題ありません。
小さい子のお昼寝にも優しい風と音で重宝してます。

 

 

■便利機能そろってます。

「微」のうちわ風がやわらかいのでノドにもやさしいですね。
梅雨時期の部屋干しでも45度の鋭角首振りで効率よく乾かせます。
減灯と消音に切り替えることができるので、そのまま寝るときは助かりますよ。
オフのタイマー以外に、オンのタイマーも使えます。

 

 

いかがでしょうか?
口コミ感想でもHEF120Mは音も風もやさしい扇風機のようです。

みなさんそれぞれ使い勝手がよろしいようで、これなら低評価にはなりっこないのも納得ですね。

 

他にも痒い所に手が届く感想は、コチラから見れます。
      ▼↓▼
 https://review.rakuten.co.jp/item/1/272415_10402040/1.1/?l2-id=item_review