職場はもとより、ご家庭での日常生活が楽しくなると評判のpt-p300bt。

スマホ専用のピータッチキューブは、他のラベルライターと比べて
とても使い方がかんたんです。

さらに活用するシーンに合わせた楽しい使い方が
いろいろと搭載されていますので、

モノとの関係が楽しくなってきますよ。

今回はpt-p300btの最安値情報から、口コミ情報、
テープリボンやフォント・絵文字に関することなどなど。

もちろんアダプター電源まで、いろいろお伝えしていきますので、
ぜひ、ご活用くださいね。

pt-p300bt最安値店は?

日常が楽しくなるラベルライターとして2016年から大人気のpt-p300bt。
最安値で購入できるお店はみなさん気になるところでしょうね。

ネット通販ショップが一番効率よく調べることができるのですが、
総合ショッピングモール型のお店なら、最安値でpt-p300btを手に入れることができます。

どうしても格安価格で、ということなら
Amazon、ヤフーショッピング、楽天などに出店している店舗が最適です。

 

今回調べてみたところ、ヤフーショッピング内のコジマYahoo!店が最安値でした。
同じビックカメラグループのコジマ楽天市場店の方がなぜか233円高いです。

ですので、コジマYahoo!店ではピータッチキューブの価格は
5,497円(税込み・送料無料)で、ポイントがマックス540ポイントつきます。
※ソフトバンクキャリアでYahoo!プレミアム会員の場合。

ということは、実質4,957円!
まさにpt-p300bt最安値の4千円台です。

 

ちなみにピータッチキューブの電源アダプターが別売りになってますが、
こちらはブラザーが希望する価格が2,808円。

もちろん単四の乾電池を6本入れれば使えます。
(同じく単四の充電式ニッケル水素電池6本でも可)

メーカーの保証では、1本のテープを印刷で使い切るくらいもつそうです。

 

もしお家に余り物の乾電池などがあれば、消費電力10ワットくらいですから
そちらの方が長期的にはお得かもしれませんね。

コジマYahoo!店です。
   ▼↓▼

pt-p300bt最安値はココです。

ちなみに、下記のお店の【数量限定購入特典】なら
電源アダプターがついてきます。
8,300円(税込み・送料無料)で、楽天ポイントもMAX830ポイントついてきますよ。

セットなら一番お得なお店です。
   ▼↓▼

 

ピータッチキューブの口コミ・評判は?

ロングランで話題となっているpt-p300btですが、
実際に購入した方の口コミや評判が気になるところですよね。

ピータッチキューブを日常生活や職場などで使ってみて、
どのようなところにホントに満足しているのか?

そこのところを口コミ調査してみました。

 

■これ便利。

職場では少々使い勝手の悪いテプラなので、
スマホで入力・デザインチェックができるピータッチキューブはラクチンです。

 

■自由自在

使い方いろいろできますよ。
縦横変換、かわいい絵文字や記号も使い放題。

ブルートゥースで簡単に繋げてiPadでいつでも
どこでも思いついたときに使えるのがいいですね。

 

■とても使いやすいですよ。

使い慣れているスマホ(iPadでもOK)で作ることができるので、
かなりとっつきやすかったですね。

複数プリントアウト(99枚までOK)ならそれほど余白は気にならないです。
若干ブルートゥース接続が弱い時がありますが、あとはOKです。

 

■家の中が楽しくなります。

子供たちの文房具や収納スペースなどにかわいいですね。
キッチンの調味料などのラベルにはもってこいですよ。

ちょっと使うだけのとき、2~3cmテープに余りが出るのが
もったいかな。

 

小さな難はあるようですが、なかなか評判は上々のようですね。

ピータッチキューブはかなり使い方も簡単なので、
楽しいシーンが思い浮かんだら購入してみてはいかがでしょうか。

 

ピータッチキューブの使い方はかんたん。

使い方がわかりやすくてラベル貼りをするのが楽しくなると
大人気のピータッチキューブ。

スマホやタブレットとのペアリング(接続設定)の方法もシンプルです。
例えば、iPhoneの設定にあるBluetoothをONにします。
後は、デバイス→pt-p300btと順にセレクトするだけです。

 

基本的な使い方はとてもかんたんで、たったの4ステップです。

まずはスマホなどでアプリ【P-touch Design&Print】を立ち上げます。

1.4種類の”作業範囲”からひとつ選択します。
2.適切な使用状況での”ラベルの使い方”を選びます。
3.選択したラベルはどんな使い方ができるのか理解します。
4.これが良いと思うものがあれば、”作成”ボタンを押します。

もちろん、プレビュー画面を見ながら修正、プリントアウトが可能です。

 

デフォルトで名前などのシールを一度作っておけば、
またラベルを出すときに再度作る必要はありません。

というのは、今回作った”枠組み”や、選んだ絵文字やフォントまでも
全て保存機能で残しておくことができるからです。

プリントアウト記録が残るので、同じものを出したいときも
とても便利ですよ。

 

他のラベルライターのように、
新たに付属のキーボード機能を覚える必要はありません。

スマホ専用のP-TOUCH CUBE PT-P300BTなら、
いつも使い慣れたiPhoneやiPadで楽に操作ができるのです。

テープリボンやフォントの使い勝手は?

多くの方から「かんたんに使える」と支持されているピータッチキューブ。

いままでテプラなどのラベルライターを使ってこられた方は、
ピータッチキューブのテープ種類やフォントの使い勝手が気になるのでは?

例えば、pt-p300btで使用されているテープの幅ですが、
3.5、6、9、12ミリと選択の自由があるようですよ。

2~3センチほど余白がでてしまったり、
カッターボタンを手で押すのは少々難かもしれません。

しかしなんといっても専用のTZeテープ以外にもラミネートテープが豊富なんですよ。

・ノーマルはメタリックや蛍光など、6種類。
・キャラクターはディズニー・スヌーピー・ハローキティの3種類。
・機能付きは強粘着とフレキシブルIDの2種類。
・ラミネート以外にもリボン用や布テープなど4種類。

などなど、活用範囲がいろいろと広がりますね。
使われるそれぞれの場面によって、遊び心でラベル貼りの組み合わせ
が楽しくなってきますよ。

 

 

もちろん、フォントもいろんな種類が選択できます。
ラベルにとてもユニークなアクセントをつけることができるんですね。

同じように、絵文字もたくさんセットされています。
ラベルを貼付したモノが、シンボルとしてすぐに理解できます。

まだ文字が分からない小さなお子さんでも、絵になってると助かりますよね。

 

どんなアプリ?アダプターは電池代用できるの?

さまざまな日常の場面で活用できるpt-p300bt。
ピータッチキューブのアプリ【P-touch Design&Print】は、
単純なラベルシールが作れるだけじゃありません。

とくに視点が増えるしくみなので、見る人の目を楽しませてくれるのが特徴です。
アップルストアやGoogle Play?から無料でDL/インストールできますよ。

ピータッチキューブのアプリには様々な機能がついています。

・贈り物用のラッピング
・書類整理ラベル
・ネーミングラベル
・整理収納ラベル

さらにオリジナルのラベルも簡単に作ることができます。

別売り電源のACアダプターAD-24ESは、
必ず必要というわけではありません。

単四の乾電池か充電式ニッケル水素電池を
どちらでも6本入れれば代用できます。

 

アダプターの定価が2,808円ですし、
Amazonでも2,758円とあまり値段が安くはなっていませんね。

せっかくスマートなデザインのピータッチキューブですから、
白のボディから黒の配線が伸びているのは、インテリア的にもちょっと・・

という場合は、電池でもいいのではないでしょうか?
ブラザー側では、テープ1本まるまる印刷きるくらいもつそうですよ。

 

もしアダプターを使われるなら、【数量限定購入特典】のお店をオススメします。
いまなら8,300円(税込み・送料無料)で、AD-24ESアダプタープレゼント中です。

楽天ポイントもマックスで830ポイントつくので、実質7,470円ですね。

セットなら一番お得なお店です。
▼↓▼